口腔外科(親知らずの抜歯)

_1740976

口腔外科では口の中・顎(あご)・顔面に生じる様々な疾患を治療します。
口腔外科治療には親知らずの抜歯・通常の抜歯・歯根端切除術・膿胞摘出術・再植・外傷の治療・顎関節症などがあります。
院長は大学病院で歯科口腔外科医として多くの外科的処置を経験した実績を持ち合わせておりますので、さまざまな症状を的確に診断し最適な治療をご提供いたします。

 

親知らずの抜歯―当院では困難な抜歯に対応しています。

通常の親知らずの抜歯・埋伏抜歯(歯が骨の中に完全に埋まっていたり歯冠の一部が見えている歯)など一般の歯科医院では難しいような症例(状況・症状による)も大学病院まで出向くことなく当院での抜歯を受けていただけます。

歯根端切除術・膿胞摘出術

歯の根の先に膿の袋ができて歯ぐきが腫れたり痛みがある場合などに行います。抜歯をせずに歯ぐきを切り膿の袋を摘出し原因である根の先(感染源)を切除します。

再植

外傷や事故などで抜けてしまった歯や治療しても上手くいかない歯を一度抜き再度歯を元の場所に戻す処置です。

顎関節症

  • あごが痛い
  • 口が開かない
  • あごを動かすと音がする

 

このような症状でお悩みの方はお気軽にご相談ください。